Founder’s message

社会のことをどれだけ知っていますか。

 

あなたの日常は、誰に支えられていますか。

 

あなたは、誰の日常の支えになっていますか。

 

こうした疑問の答探しには、非日常体験に一歩足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

2012年7月、初めての有給休暇で、南三陸を訪れました。

 

1年経っても不十分な環境で、メディアの情報などで頭に描かれる被災地の紋切型の社会構造は、多様な人間がひしめき合う、終わらない人間ドラマに鞍替えしていきました。

 

壁の向こう側を、此方と呼ぶのか、彼方と呼ぶのでしょうか。

 

相手の事情を自分事として捉えられたときに初めて、心と心の対話ができます。

 

あの人にも、社会にも、見ていないふりの傍観者を、

 

演者に変えることで、10年前の悲劇も、問題ばかりの現在も、先行き不安な将来も、

 

変えていくことができると信じております。

 

2022年3月11日

Circular In-finity
創設者 佐藤慎一